どれくらいの値段のギターを買うべきか?

どれくらいの値段のギターを買うべきか?

この質問もこれまでに多く受けてきました。
これはギターを購入される方によって異なります。

タイプ別ギターの選び方
1. プロまたは、プロを目指す方
2. 趣味でギターを弾く方
3. できることならプロになりたいと思っている方

1. プロまたは、プロを目指す覚悟ができている方

作りの良いギターの購入を強くお勧めします。
具体的な価格は、20万円以上です。
もし良いギターを見極める自信がなければ、30万円以上のギターを信頼できる楽器店さんで購入すればまず問題無いでしょう。

ギター歴が長い方はオークションを利用することも賢い選択だと思います。
大切なのは楽器とのフィーリングです。
弾いているうちに、「このギター欲しい」と思えた楽器のみを購入するようにします。
「自分は初心者だから・・・」と躊躇する必要はありません。できるだけ早く良いギターを手に入れることが大切です。

状態の悪い楽器は正しいフォームを維持するのも難しいし、音のバランスも悪く、技術を高めるという目的を遠ざけます。

2. 趣味でギターを弾く方

ギターはご自身の生活の質を上げるものです。
だから生活を圧迫するような価格帯のギターを購入する必要はありません。

最初はギターの見た目で選んでしまっても大丈夫です。
ギターを演奏するための敷居を下げて、短い時間でもできるだけ毎日演奏する環境づくりが大切です。

3. できることならプロになりたいと思っている方

プロになるか迷われている方。

どの価格帯を選ぶのか慎重に考えなくてはなりません。なぜならここが将来を左右するかもしれない局面だからです。(「プロ」と言っても音楽に関しては多種多様な形態があるので、ここでは「プロ=専業で生活できる人」と仮定します)

プロになりたいと思う人は非常に多く、それに対して実際になれる人はごくわずか。
当然その状態に辿り着くために沢山の分岐点を経験し、その度に目的に近づくための選択を重ねてきた人たちがほとんどです。

ここでプロになる可能性を増やす選択肢を取るのであれば、20万円以上の楽器を入手するべきだと思います。

まとめ

高い金額を支払うメリットは、質の良い楽器で練習できるということ以外に
コミットするという側面もあります。

こうすることで自分の目的を再確認することができ、普段の生活でギター演奏し、考える時間も増えていくのです。

低価格の楽器を手に入れるメリットは、とりあえず始めてみることができるということ。楽器をやるかやらないかという二択なら、やったほうが人生が豊かになると断言できます。

高い楽器を手に入れることを諦めて楽器の演奏を諦めるくらいなら、まず始めてみることをおすすめします。


どのギターを選んだらいいか分からない!複数のギターで迷っている!どのお店で買ったらいいか分からない!
そのような方にもお気軽にご相談ください。花村博人ギター教室では丁寧にお答えいたします。

ご相談、無料体験レッスンはこちらから。

完全無料体験レッスンのご予約はこちらから。

おすすめの記事